「Apple正規サービスプロバイダ」でiPhoneのバッテリー交換修理する手順

iPhoneバッテリーがへたってきたらバッテリー交換を検討しましょう。

Appleストアが近場にない場合は、近隣の「Apple正規サービスプロバイダ」が便利です。

ネットで予約すればスムーズに短時間でバッテリー交換できます。

「Apple正規サービスプロバイダ」を利用してiPhoneのバッテリー交換する手順を紹介します。

iPhoneのバッテリー劣化を確認

モバイルバッテリー

Battery Lifeアプリで状態を確認してみました。

消耗状況高い

消耗状況高い

MacのcoconutBattelyで確認しても、80%近くまで劣化しています。

モバイルバッテリーが無いと、外出するのも心配になるぐらいです。

* 2018 年 12 月 31 日までの間、対象となる iPhone 6 以降のモデルの保証対象外バッテリーサービス料金を 3,200 円とさせていただきます。 なお場合によっては、3,200 円にてバッテリーサービスを受けられるのは iPhone 1 台につき 1 回限りとさせていただくこともありますので、あらかじめご了承ください。

iPhone の修理 – バッテリーと電源

引用:Appleサポート

Appleでのバッテリーサービス料金も一回限りの利用になりますが、安くなっています。

早速バッテリー交換してみましょう。

ネットでの修理申し込み手順

近所にAppleストアが無いので、正規サービスプロバイダで持ち込み修理をすることにしました。

持ち込み修理ならばその場で交換してもらえて、それ程時間も掛からないとのこと。

Appleサポートサイトで近隣の正規サービスプロバイダを検索する

Apple サポート 公式サイト

修理申込み内容
  • iPhone
  • 持ち込み修理
  • バッテリー交換

検索すると現在地から近い順にサービスプロバイダがリストアップされます。

希望するサービスプロバイダを選択して、空き日時を選択しましょう。

かなり混み合っているらしく、近隣の店舗全てで、空き日時が表示されない場合もありました。
その場合は翌日以降に再度検索してみると良いでしょう。

バッテリー交換前に準備しておくこと

持ち込み修理前の準備
  • iPhoneのデータのバックアップをしておきます
    修理に伴いデータが削除される可能性があります。
  • 修理受付時に「iPhoneを探す」をオフにする為に、AppleIDとパスワードを控えておく
    修理前に「iPhoneを探す」をオフにする設定変更が必要です。

iPhoneを探す」の設定は、「設定」 > 「アカウント」 > 「iCloud」 内にあります。

iPhoneを探す

iPhoneを探す

「Apple正規サービスプロバイダ」での持ち込み修理

指定日時に予約したサービスプロバイダに向かいました。

正規サービスプロバイダ

正規サービスプロバイダ

自分が予約したのは、とあるショッピングモールにあるカメラのキタムラさんでした。

普通のカメラ屋さんなのですが、片側の壁にApple正規サービスプロバイダの看板が掲げられています。

注意するポイント
  • iPhoneの初期化が必須だった。これは店舗によって異なるようです。
  • 液晶面の個人で付けてある保護ガラスは強制的に撤去されます。これも店舗によってマチマチのようです。

預けてから20分程待って、バッテリー交換は終了しました。

掛かった費用は、税込み¥3,456になります。

新品のバッテリーは10%しか充電されていない状態でした。

まとめ

2018/2月現在、バッテリー交換修理非常に込み合っていました。

手続きしている間にも、次々にお客さんが来訪してました。

バッテリー交換修理希望の方は、ネットで予約をしたほうが無難かもしれません。

キット詳細

iPhone5sのバッテリーを自力で交換してみました 〜手順と注意点〜

2018年1月9日

ではでは、良きスマホライフを!











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です