Synology NASにGoogleドライブのファイルをバックアップする方法

cloudsyncアイキャッチ
digi
こんにちは、digiです。NASにクラウドを同期させておくと便利だよ!
mono
放って置いても勝手に同期してくれるんだね。

Synology NASには「Cloud Sync」というアプリがあって、簡単にクラウドサービスにあるファイルをNASと同期させることができます。

ご使用のNASとクラウドサービスでファイルを同期させ、クラウドのバックアップを自動で作成しておきましょう。

「Cloud Sync」でクラウドサービスのファイルを同期する方法

Cloud Sync」とはSynolog NASに用意されているNASの機能追加のパッケージ(アプリ)の一つです。

指定したクラウドサービスとファイルの同期や共有を行うことができます。

Google ドライブ」や「Dropbox」、「OneDrive」など大抵のクラウドサービスには対応しています。

https://www.synology.com/ja-jp/knowledgebase/DSM/help/CloudSync/cloudsync

Google ドライブ」を同期させると「Google フォト」の内容も同期してくれます。写真データ大事ですよね。

「Cloud Sync」の使い方

DiskStation Manager(DSM)を開いて、「パッケージセンター」より「Cloud Sync」をインストールします。

パッケージセンター

パッケージセンター

Cloud Sync」を起動して、同期したいクラウドサービスを選択します。

クラウドの選択

クラウドの選択

使用するクラウドサービスのアカウントのユーザー情報で認証をします。

認証要求に同意

認証要求に同意

ファイルを保存するパスなどのタスク設定を行います。

タスク設定

タスク設定

適用」をクリックして設定を保存します。

設定の確認

設定の確認

自動でクラウドサービスとの同期を開始します。「Cloud Sync」は閉じてしまって大丈夫です。

クラウドサービスとの同期状況はDSMのタスクバーメニューに表示してくれます。

タスクバーの同期状況

タスクバーの同期状況

まとめ

一旦設定してしまえば、あとは放置しておいてもリアルタイムでクラウドサービスとNASとで自動で同期してくれます。非常に楽です。

他のクラウドサービスを追加していくことも可能ですが、NASの残容量に注意しましょう。

クラウドサービスはいつでもどこでもアクセスできて便利ですが、いざという時に備えてNASにバックアップをとっておけば安心ですね。

Synology NASの「Surveilance Station」アプリでIPカメラを管理しよう!

2018年1月18日

ではでは、良きNASライフを!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です