【レビュー】CoriCoran(高周波治療器コリコラン)買ってみました

コリコラン箱

奥様の首、肩、腰のコリが酷いとのこと。

医療機器認証取得との触れ込みもインパクト有り。

高周波治療器という聞きなれない言葉に驚きつつ、ちょっと高額商品じゃねとか思いながら

Panasonic 高周波治療器 コリコラン EW-RA510(4個入り)

購入してみました。

なんで購入したの?

奥様の肩こりに効くかなと。

ひどい肩コリで夜も眠れないこともあるような状況。

整形外科の病院にも通院したことがあるほどです。

腰もよく痛くなるみたいで、かなりの期待を持って購入しました。

公式サイトによれば

コリコランは、血流が滞っている部分に高周波パルスを送り、血管を広げて血行を促進

してくれるとのことです。

開封

なかなか高級感溢れるデザインです。

コリコラン

コリコラン

体に装着するコリコラン本体は4個付属の物を購入いたしました。

Yahooショッピングにてお値段は35900円、ポイントを3000円程使用して購入しました。

何が入ってるの?

コリコラン本体は、この丸い直径4cm程のオセロゲームの駒のようなものです。

これを首周りや腰回りのコリ部分に、付属のシールや、リングで衣服に付けて装着します。

一つひとつは非常に軽くて装着しても、それ自体の重さが負担になることはありません。

高周波バンドの電磁エネルギーを患部に照射し血管拡張作用や血行促進作用を与え治療するとのことです。体への刺激もなく、日常生活でいつでも長時間付けたままで、治療ができる。

とのことがウリらしいです。

コリコランへの充電方法は2つあり、家やオフィスでAC電源で充電する方法と、屋外ならば乾電池でも充電できるようです。

家で夜間に充電すればフル充電可能で、日中ずっと使えます。

充電器を外に持ち歩いたことはありません。

3時間充電で24時間駆動9時間充電で 約48時間駆動するようです。

充電終了後、コリコランから高周波が出ているかどうかを充電器のチェッカー部分にかざして、がでるかどうかで、確認をします。

“ピピピッー”と甲高い音がなり、十分に充電されていれば高周波が出ているようです。

低周波治療器のように刺激がないので、高周波が出ているかどうかを、唯一確認する方法になります。

この状態でコリ部分の患部に装着して治療を開始です。

注意点

  • ペースメーカー等の医用電機機器とは併用しない
  • 就寝時には外すこと

効能はどんな感じ?

初日

奥様が、朝8:00頃から、夜22:00ぐらいまでコリコラン4個をフルに肩部分に装着しました。

わくわくしながら、どうだった?と感想を聞くと、“よくわからない”とのこと。

(ふ〜ん。まあ初日だし。)

2日目〜1週間

毎日、どう?と聞いても、“よくわからない”とか“う〜ん”とのこと。

(ゲッ。)

2週目〜(いまココ)

どう?と聞くと“今のところ、特に変わりなし”とのこと”

(ガビーン!!)

どうやらウチの奥様に対しては、速攻性の効果は出ていないようです・・・

コリコランのQ&Aを見ると

Q.どのくらい使えば効果が現れますか?
A.効果の現れる期間は人やコリの程度によって異なります。

とありました。

従って、ウチの場合は効き目が直ぐに現れるタイプではないのかもしれないです。

自分も試しに、1日(10時間程)装着してみましたが、正直、何らかの変化はあったかというと??

特に何か変わったとは感じられませんでした。

元々ひどい肩コリではないのであまり参考にならないかもしれません。

まとめ

現時点で効果判定するには時間が短すぎるような気もしますので、長い目でみてしばらく使っていきたいと思います。

購入をご検討の方は、周りにコリコランをお持ちの方がいらっしゃるのであれば、可能であれば、軽くお試しされたほうが良いかと思います。

自分に合うかどうかを一度確認されてからの購入をオススメいたします。

コリコラン

コリコラン雑感 〜打ち身に効いた?〜

2017年12月30日











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です