ネット接続が遅い人は「IPv6」にして高速化してみよう。「MAP-E」、「DS-Lite」とは?

digi
こんにちは、digiです。
mono
IPv6興味あるけど、MAP-EとかDS-Liteとか、よくわからない用語がでてくるね…

ネット接続が遅くなったという人は、「IPv6」を導入して高速化にチャレンジしてみましょう!

ご利用のインターネット接続プロバイダーに「IPv6」のオプションサービスがあれば導入を検討してみてください。

「MAP-E」と「DS-Lite」とは?

「MAP-E」「DS-Lite」両者とも「IPv6ネットワーク」で「IPv4ネットワーク」を使えるようにする技術のことです。

ネット高速化の為のキーワードとなります。

「IPv6 IPoE」とは?

「IPv6」「IPv4」で混雑して遅くなる原因の「ISP(プロバイダ)」での認証を経由せず「VNE」と呼ばれるネイティブ接続事業者に直接接続します。

これを「IPv6 IPoE(ネイティブ方式)」といいます。

「IPoE」とは”Internet Protocol over Ethernet”の略になります。

「IPv6」にするとIPv6対応のネットワークは速くなりますが、IPv4のネットワークは遅いままです。

なぜかというと「IPv6」「IPv4」のネットワークは切り離されている為です。

「IPv6 PPPoE」

「IPv6」でも「IPoE(ネイティブ)」方式ではなく「PPPoE(トンネル)」方式の接続もあります。

「PPPoE」とは”Point to Point Protocol over Ethernet”の略でISPでの認証を経由してネットワークに接続することになります。

「IPv4 over IPv6」とは?

v6プラス

引用元:v6プラス(IPv6/IPv4インターネットサービス) 日本ネットワークイネイブラー社

「IPv4」のネットワークを「IPv6」のネットワークで使用できるようにする技術が「IPv4 over IPv6」になります。

「MAP-E」「DS-Lite」のことですね。両者はほぼ似かよったものと考えて差し支えありません。

「IPv4」のパケットを混雑した「IPv4」のネットワークを使用せず、空いている「IPv6」のネットワークを通して使えるようにします。

そのため「IPv4 over IPv6」を使用すると「IPv4」のネットワークも高速化されます。

すなわち「IPv6 IPoE」+ 「IPv4 over IPv6」の2つの技術が合わさって、「IPv6」「IPv4」の2つのネットワークが高速になって初めてネットが高速化されたといえることになります。

まだまだ「IPv6」対応のサイトは多くありません。

そのため「IPv6」「IPv4」の両方が高速にならないとだめなのです。

「enひかり」シンプルで格安なインターネット回線を求めている方におすすめのインターネット接続サービス

2018年8月23日

「v6プラス」と「MAP-E」

「v6プラス」と呼ばれるIPoE接続サービスは「日本ネットワークイネイブラー社」のサービスです。

「v6プラス」では「IPv4 over IPv6」の技術として「MAP-E」を使用しています。

https://www.jpne.co.jp/service/v6plus/

「transix」と「DS-Lite」

「DS-Lite」「インターネットマルチフィード」社の「transix(トランジックス)」IPoE接続サービスで利用されます。

https://www.mfeed.ad.jp/transix/index.html

https://www.mfeed.ad.jp/transix/ds-lite/

まとめ

「IPv6」にするなら「IPv4 over IPv6」技術に対応していれば高速化の期待ができます。

「v6プラス」の「MAP-E」「transix」の「DS-Lite」などです。

ご利用のプロバイダの「IPv6」サービスがどの「IPv4 over IPv6」技術を使用しているか確認してみてはいかがでしょうか?

ルーターも「IPv4 over IPv6」に対応した機器が必要になります。「MAP-E」「DS-Lite」それぞれに対応したものが必要になります。

IPv6(v6プラス)環境で、PS4のオンラインゲームをプレイ出来るようにする方法

2017年12月13日

ではでは、良きインターネットライフを!











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です