【Apple Watch】「AutoWake」目覚ましアプリ使ってみました。ハマりポイントも解説

AutoWake画面

Apple Watch用のアラームアプリ「AutoWake」がリリースされました。

睡眠記録を自動で取得してくれるApple Watch用アプリ「AutoSleep」Tantsissaが開発元です。

「AutoSleep」は「AppleWatch」を装着して寝るだけのお手軽さなので愛用しています。

「AutoWake」の使用方法

WatchフェイスのコンプリケーションにAutoWakeを設定する

最初、なぜアラームがONに出来ないのかよく解らずに、少しハマりました。

AutoWake コンプリケーション設定

AutoWake コンプリケーション設定

使用中のWatchフェイスのどの部分でも良いので、「AutoWake」のコンプリケーションを設定しましょう。

AutoWake no complication

AutoWake no complication

AutoWake」をコンプリケーションのいずれかに設定しておかいないと目覚ましをONに設定することができません。

「AppleWatch」でアラーム時刻を設定する

AutoWakeのコンプリケーションをタッチして、AutoWakeを起動。

AutoWake Watch Face

AutoWake Watch Face

起床時刻を設定。

Set Alarm

Set Alarm

続いて、気持ちよく起きる為の起床時刻の睡眠の状態(SmartWake)を設定します。

SmartWake

SmartWake

SmartWakeの設定
  • 設定時刻の15分前から起床時刻の間
  • 設定時刻の30分前から起床時刻の間
  • 浅い睡眠状態?(in light sleep)
  • それほど浅くない状態?(medium sleep)
  • 睡眠状態を気にしない(no way!)

何分前からと状態の組み合わせをの設定をします。

アラームをONに設定して就寝

アラームをONにすると、iPhoneで指定時刻等を英語で読み上げてくれます。

オンにしたらWatchフェイスをAutoWakeからホームの状態に戻しても構いません。

起床時刻のアラーム

指定時刻にApple Watchバイブレーションで起こしてくれます。

Apple Watchの画面をタップしてアラームをストップすると、起床時の心拍数を表示してくれます。

寝過ごしたとき用に、iPhoneMuiscを再生する設定もあります。

起床時のMusic設定はiPhone側AutoWakeアプリで設定しましょう。

肝心のアラーム機能が不安定?!

動作が重い初代AppleWatchを使用しています。

初代AppleWatchのせいかどうかわかりませんが、自分の環境だと

  • 過去、アラームが動作しない場合があった
  • 起床時の睡眠状態を指定しても睡眠状態によって目覚ましが鳴っていない気がする

Apple Watchのバンドがゆるくなり外れてしまって、バイブレーションが動作しなかった可能性もあります。

ですが目覚ましとしては致命的な問題となってしまうので、少し信頼性に疑問を感じています。

クリティカルな目覚ましとして常用するのは、避けたほうが無難かもしれません。

autowake_v2アイキャッチ画像

「AutoWake」が2.0へバージョンアップ。スケジュール機能でアラーム時刻の設定があらかじめ可能になりました

2018年6月5日

Ver2.0もリリースされましたが、自分の使用環境では不安定さが否めません。

まとめ

複数人で就寝している場合は、自分だけ起きるのに便利かと思います。

「AutoSleep」では睡眠の浅い、深い状態がしっかり記録されているようなので、「AutoWake」でもそのノウハウを活かした目覚ましになって欲しいところです。

AutoWake. Smart Sleep Alarm

240円
(2018.07.23時点)
posted with ポチレバ
子犬熟睡

睡眠トラッキングアプリで睡眠の質をチェックしよう!

2017年12月9日
デフォルトコンプリケーション小

心拍数を「Apple Watch」に表示しよう!「HeartWatch」と「Cardiogram」

2018年1月19日

ではでは、良きApple Watchライフを!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です